リース業務

お客さまのお困りごとに、いろいろなリースをコアに
AFSが複合的にご提案します。まずはご一報ください。

リースのメリット

  • リース期間中、毎月のリース料は一定です。そのためコストを把握しやすく、効率的な資金計画に役立ちます。
  • リースなら銀行借入枠を温存できるため、運転資金を事業発展に有効活用できます。
  • 支払利息・税金などのコスト処理は、リース料に一本化。事務処理が簡素化できます。
  • リース期間は、耐用年数より短く設定可能。耐用年数より早期に償却できます。

ファイナンスリース

必要な設備や機器があるのに手もとに現金がない。そんな時は、銀行借入や自己資金だけでなく、リースも資金調達の手法です。リースを活用すれば、銀行借入枠を温存でき、自己資金を留保することもできます。
リースなら、設備更新時期を的確に把握でき、設備の陳腐化リスクを防止。遊休設備の減少に役立ちます。数年後は使用しない可能性がある設備導入は、ファイナンスリースをお勧めします。

ファイナンスリースと購入の比較

導入方法 ファイナンスリース 購入
支払方法 分割 一括
所有権 リース会社 お客さま
特徴 ・銀行借入枠の温存
・オフバランス処理可能(賃貸借契約)
・事務処理が簡易化
・短期間で費用化
・まとまった購入資金が必要
・減価償却が必要

オペレーティングリース

オペレーティングリースは、リース期間満了時での買取り金額(残価)を設定。「物件価額-残価」をベースにリース料金を算定し、リース料支払総額を低減します。
また、お客さまのご希望に応じたリース期間を設定可能なため、一定期間後に物件の更新をお考えの設備に最適のリースです。

ファイナンスリースとオペレーティングリースの比較

購入選択権付リース

購入選択権付リースでは、リース契約時に買取り金額(残価)を予め設定。リース満了時に買取ることが可能です。
購入選択権付リースなら、リースメリット(費用の平準化など)もあって、最終的に自社資産にできるため、長期間使用する設備に最適です。

ファイナンスリースと購入選択権付リースの比較

ご提案サンプル①

お客さまニーズ

金型製造において、材料メーカーや製造委託先への代金支払いは一括払。しかし、メーカーからの代金回収は分割払いで困っている。

AFSの対応

金型のリース化をご提案。一時的に必要な資金調達をリースで対応し、銀行融資枠を温存できる。購入選択権付リースのため、リース満了後は自社資産にできる。

ご提案サンプル②

お客さまニーズ

補助金を活用して設備を導入したいが、補助金の対象が自社資産となっておりリースが使えない。

AFSの対応

リースでも、自社資産扱いになる「譲渡条件付リース(リース満了後に所有権が譲渡される)」をご案内。補助金も活用いただくことができた。

車両メンテナンスリース

AFSの車両メンテナンスリースなら、複数社からの見積をもとに最も安価なプランを選択できます。また、車に関するメンテナンス(整備・車検・保険など)も、AFSで窓口が一本化されるため、お客さまの車両管理業務を削減。複数の大手オートリース会社と提携していますので、最適なオートリースプランをご提供します。レンタルのご要望も承ります。

車両メンテナンスリースのしくみ

ご提案サンプル③

お客さまニーズ

トラックの入れ替え計画は半年後にしていたが、急に故障してしまい、急遽調達が必要になった。
しかし、自社の予算計画通りに(半年後)に支払いを開始したい。

AFSの対応

通常検収月から支払い開始になるところ、お客さまの計画どおりの設定に合わせる柔軟な対応を取った。

リースバック

リースバックは、お客さまが購入された生産設備をAFSへ売却。その生産設備をお客さまへリースする契約形態です。
資金調達が必要な場合に、お役に立ちます。

リースバックのメリット

  • 物件はそのまま継続利用できます。
  • 銀行融資枠の温存ができます。

リースバックのしくみ